ミックスボイスをみにつけたいなら芸人やタレントのマネをしてみよう

ミックスボイス、難しいですよね。

できないうちは、できているかできていないかも判りにくく、みにつけるのが大変な技法です。

でもこれができないと高いところはまず歌えないし、最近の曲なんてとてもとても……。

しかたないから福山雅治さんの曲を歌っている、という人多いと思います。(誤解のないように言っておきますが、福山さんはめちゃくちゃ歌上手いですよ。低いところで歌う曲が多いだけ)

歌でミックスボイスを使うのはとても難しいのですが、一発ギャグのような喋り言葉ならどうでしょう?

お笑い芸人さんのギャグやがなりに注目してみると、素晴らしいミックスボイスがたくさん散見できます。

声をだすプロですから、当然といえるでしょう。

大きな声でも喉を潰さないよう、自然とそういう喋り方になるみたいですね。

歌となると音程をとらないといけないので、どうしても力が入りがちです。

しかしこうした喋る言葉に近いギャグなら、少し難度がさがります。

ミックスするコツを掴むのに、最適といえるでしょう。

今日はタレントさんのミックスボイスの名手たちを紹介しますので、ぜひモノマネをしてミックスの感覚をつかんでくださいね。

男性ばかりですが、女性も参考になるかと思います。

ミックスボイス自体のやり方や、いい声で歌うコツはこちらの記事もごらんください。

それではいってみましょう〜。

ミックスボイスは難しい?みにつけたいなら、まずは芸人やタレントのマネをするという方法がおすすめ

IKKO & チョコレートプラネット 松尾駿「どんだけ〜!」

IKKOさんの「どんだけ〜!」は素晴らしいミックスボイスです。

とても軽々だされてますが、その高さはなんと「hi A#」

この高さでのびやかにだせるのは、ミックスボイスじゃないと不可能です。

カラオケで男がみな撃沈する粉雪のサビ、「こな〜!」より高いんですね。

そしてそのモノマネをするチョコレートプラネットの松尾駿さん。

もはやIKKOさんを越えてしまっているので、松尾さんの「どんだけ」を参考にするのがいいでしょう。

松尾さんは歌ももちろん上手いですからね。

相方の長田さんもとってもいいミックスボイスを使っていて、歌が上手です。

この2人の普段喋る声にはミックスボイスがふんだんに使われているので、注目してみるといいでしょう。

ダウンタウン浜田雅功 「結果発表〜!!!!」

ダウンダウン浜田雅功さんのがなり「結果発表〜!!!!」

これ実はものすごいんです。

その高さ「hi C#」

嘘でしょってくらい高い。

大きく通る声でも喉を痛めないための発声法なのかもしれませんね。

ちょっとマネしてみてください。

ファルセットじゃないとこの高さはでないんじゃないでしょうか?

ミックスボイスをだすコツを掴めるかもしれませんよ。

かまいたち 濱家隆一

かまいたちの濱家さんは、地声とファルセットがほどよく混ざった、よいミックスボイスだと思います。

一発ギャグをするタイプではないので、このワードというのはありませんが、ツッコミの時の声のトーンを上げる感じとか参考になると思います。

思っているより高いところで喋っているんですよね。

クロちゃん

水曜日のダウンタウンのおもちゃ、クロちゃん。

この方はファルセットだと思われがちですが、実は美しいミックスです。

普段からナチュラルに混ぜて使えているんですね。

実生活からスーパーサイヤ人状態で修行した、悟空状態ってことです。

「もう〜、なんで!?」とか言ってる時はかなり高いので、練習してみるといいでしょう。

ファルセットから寄せていくと感覚を掴めるかと思います。

明石家さんま

熟練し過ぎて僕なんかには分析しきれないのですが、さんまさんはかなり高度なミックスボイスだと思われます。

ご本人が「2つ喉があるから、1つ目が疲れてきたら2つ目に変える」とおっしゃっていたことがありました。

おそらくミックス具合を変えることを、こう表現しているのだと思います。

モードを2つ持っている、という感じなのかもしれませんね。

さんまさんのこの喋りかたをマネしてみましょうというよりも、この言葉が参考になるなあと思ったので挙げさせてもらいました。

引き笑いはホイッスルボイスらしいですよ 笑

志村けん

昔は「ミックスボイスを習得したいなら志村けんのマネからはじめろ」といわれていました。

参考になると思います。

参考になるとは思うのですが、僕には志村けんさんのマネがそもそも難し過ぎてダメでした w

あのヘロヘロな面白い感じって、ミックス以上に難しい気がするのですがどうでしょうか 笑

志村さんにはたくさん笑わせてもらいました。

ご冥福をお祈りします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

みんな声のプロ、という感じがしますよね。

ミックスボイスの特徴として、喉を潰さない、ということがあげられます。

芸人さんも歌手と同じく喉が命なので、知らず知らずのうちに自然とそれを選択しているのでしょう。

声も通りやすくなりますし。

どうしてもミックスの感覚が掴めない人は、まずは話し言葉からはじめてみて、その時の喉の使い方を分析してみることが近道かと思いますよ。

おすすめは1番最初に挙げた、「どんだけ〜!」です。

頑張ってみてくださいね。

それでは、最高のミックスボイスライフを!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事