ロッキング・オン社、古塔つみ氏のイラスト使用したフェスTシャツなど18アイテムを販売停止 返品希望にも対応

ロッキング・オン社、古塔つみ氏のイラスト使用したフェスTシャツなど18アイテムを販売停止 返品希望にも対応-yahoo ニュース

ロッキング・オン・グループは15日、トレース疑惑が浮上しているイラストレーター・古塔つみ氏の作品を使用したフェスオフィシャルグッズなどの販売を一時停止し、希望者には返品に応じると発表した。

【画像】rockin'onフェス公式ツイッター「古塔つみ氏の作品を使用した商品に関するお知らせ」  対象となるのは、古塔氏の作品を用いた音楽フェス『JAPAN JAM 2021』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』『COUNTDOWN JAPAN 21/22』のオフィシャルTシャツのほか、アパレルブランド「rockin’star★」の商品で、色違いなども含めて計18アイテム。  

同社サイトには「古塔つみ氏の作品を使用した商品に関するお知らせ」を掲載し、「古塔つみ氏の作品に関する一連の報道を受け、フェスオフィシャルグッズおよびrockin’star★商品で使用したすべての作品に関する調査を行うため、古塔つみ氏の作品を使用した商品の販売を一時停止いたします」と報告した。

 その上で「ご希望される方につきましては、過去に販売した商品を含む下記対象商品の返品を承ります」として対象商品一覧を掲載し、返品希望者は3月14日までに専用フォームから問い合わせるよう求め、「お客様にはご迷惑とご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 古塔氏は、女性をモデルにしたイラストを手がけ、音楽関連のアートワークやアパレルブランドとのコラボレーション実績も多数。一方で、他者作品と構図などが「似ている」として“トレース疑惑”がネット上で持ち上がった。  

これに対して、古塔氏は今月3日、自身のツイッターを通じて「引用・オマージュ・再構築として制作した一部の作品を、権利者の許諾を得ずに投稿・販売してしまったことは事実です」と謝罪した上で、トレースや盗用の意図はないとし、「クライアントワークは全てオリジナル作品です。引き続き真摯に対応して参ります」と伝えている。

全文を読む

ヤフコメ民の声

ロッキング・オン社にとっては、大きな損害でしょう。
意匠権や商標権のような登録による公示制度が存在しない著作権を利用した商品を取り扱う企業にとっては、権利侵害に伴うリスクの管理がとても難しいだろうと思います。

ネットからのトレパクができず、写真を供給するモデルも離れた今、「彼」はやっと自分で撮った写真をトレスするという真っ当なやり方で作品を作るのかもしれない。しかし「彼」の絵に価値を見出す人はどのくらい残っているのか。

メインの問題は節操のない模倣とその営利使用の件なのだろうが、個人的には、この男性が性別を女性と偽装していことで、イラストのモデルになりたい少女達からの応募写真の収集を容易にしていたであろう面や、Pixivで小児性愛嗜好のイラストをフォローしていたことの方に強い嫌悪感を催す。主催イベントにこの男性の絵を採用した文化庁はどう対処するつもりなのだろう。

フェスで買うTシャツって思い出も詰まってるから後で手に取ってその時の事を思い出せるんだよね
特にこのコロナ禍で悩んだ末に行った子とかせめて通販でTシャツだけ買った子も居ただろうに、若い子に人気だったんだよねこの人、それがパクリイラストとか最悪だね

あまりにも多くの証拠が揃いすぎて提携企業も耐え切れなくなってきたのかな?
版権や著作権に関連する業種ならキチンと襟を正して欲しいところ。

ネット社会で世界中の画像や映像が簡単に見られ、画像ソフトの性能も良くなってきたので、同様の手口が増えると思う。

覆面でオッさんがネカマよろしく女流イラストレーターとして制作物を多産してるのは、まあ、戦略としてわかる。

管理人の声

ここまで徹底してパクるのはもはや芸術

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事