Guitar Instrument Typography Music  - GDJ / Pixabay
GDJ / Pixabay

ギタリスト、ギター好きへのプレゼントって何がいいだろう?

今回はプロの見解からおすすめの商品を紹介しようと思う。

というのも、ギターを全く知らない人がなんとなく選ぶと、必ず失敗してしまうからだ。

よほど始めたばかりの人でない限り、すでにお気に入りのものを持っている場合が多い。

もらっても、うーむありがたいけど使わないんだなぁっ、てなることが多かったりする。

今回は、ギターをやっている人なら誰でも喜ぶものを紹介する。

プレゼント選びの参考にしてほしい。

目次

ギター好き、ギタリストへの誕生日プレゼント。ガッカリされないおすすめの商品はこれ!

まず最低限のリサーチ!

まず、プレゼントするカレ彼女が弾く楽器が、
ギターなのかベースなのかだけははっきりさせておこう。

ギターは基本弦が6本、
ベースは低い音が鳴り、弦が4本だ。

何が違うかわからないかもしれないが、ギターとベースは全く違う
もちろん欲しいグッズも違うので、確認しておこう。

まあその人のSNSでも見れば、楽器の写真がたくさんのってるはずだ。

次に知っておきたいのが、その人がメインに使うギターが、
「アコースティックギター(アコギ)」
なのか
「エレキギター(エレキ)」
なのかだ。

かなりざっくりとした分け方だが、
真ん中に穴が空いていたらアコギ、
そうでなければエレキと思っていいだろう。

まあどっちも弾くよという人が多いので、そこまで気にしなくていい。

プレゼントするならエフェクターがおすすめ!

エフェクターという、ギターの音を変える箱みたいな機材がある。

よくギタリストの足下になんか並んでいるあれだ。

ギタリストはほとんどの人がエフェクターが大好き。

我々は普段から楽器屋にいくと、
ショーケースの中のエフェクターをうっとり眺めているという
変てこな生き物なのだ。

そしてこいつは、
「同じ物が2つあってもOK!」
という、既に持っていたとしても使いみちがあるところがよい。

楽器に限らず、そんな特性があるものって中々ないよね?

なのであまり恐れずプレゼントとして買えてしまう。

僕ももらうととても嬉しいし、
逆にギタリストにプレゼントするのはだいたいエフェクターだ。笑

基本的にエフェクターを使うのはエレキギターを弾く場合だ。

アコギしか弾かない、という人には
エフェクターはプレゼントしなくていいだろう。

Effects Bakery (エフェクツベーカリー) Bagel OverDrive / ギター エフェクター オーバードライブ

こいつの魅力は、とにかく値段。なんと3500円ほどで買うことができる。

ヴィレヴァンなんかでうんうん悩んで変な物買うなら、こいつのほうが全然うれしい。

見た目も可愛いので、もらう側もリアクションがしやすいし、
パーティーなら盛り下げることもないだろう。

そして意外なことに音がよい。普通にちゃんと使えてしまう。

「なんか軽く歪む(ひずむ)らしいよ、知らんけど」
と言っておけばよい。

SF300 Super Fuzz

こちらも3000円台で買えるエフェクター。

ファズという種類のエフェクトがかけられる。

うるさくて汚い音がなるものだと思っておけばいい。

こちらはその値段に関わらず評価が高く、プロでも使っている人がいる。

「ファズってこんなんでっしゃろ? え、違う? いやいやこんなんでっしゃろ〜」
って感じの音がする。

まあおもちゃと思って使ってもらえばいいだろう。

僕はめっちゃ好きだぞ!

BOSS Super OverDrive SD-1

こちらは定番中の定番、超有名なエフェクター。

こいつはとにかく音がいい。

これでいい音出せない人は、
ちょっと腕を磨いた方がいいなあって感じの優秀なエフェクターだ。

5000円台で買えるので、プレゼントとしてはよいと思う。

持っている人は多いが、これは2つあっても全然いい。

ソロ用にもバッキング用にもブースター用にも使える。

まあ使用用途が多いのだ。

僕は予備のボードには絶対これを入れている。

これ一台あればなんとかライブは乗り切れるからだ。

予備としてもう一台持っておきたいし、
誰かプレゼントしてくれ!って感じ。

ちなみに、値段が3倍ほどになるが、
BOSS ( ボス ) / SD-1W
というグレードアップした商品もある。

Ibanez アイバニーズ TSMINI Tube Screamer Mini

こちらも名機かつ定番。

チューブスクリーマー、というエフェクターで超有名。

で、こいつはそれのミニマムバージョン。

伝説のギタリスト、スティーヴィーレイヴォーンは
TUBE SCREAMERを2台つなげて演奏していた。

そしてスティーヴィーレイヴォーンの音に憧れて、
その音を追い求めるギタリストは多いのだ。

というわけでこれは2つあっても使えるエフェクターの、代表のような物だ。

小さいし安いし喜ばれると思う。

Mooer E7 ギターシンセサイザー ギターエフェクター

こちらはギターでシンセサイザーの音がだせるエフェクター。

変な音がだせるものと思ってもらえばいい。

ギタリストはどうしても今まであげたような歪系エフェクターを買ってしまうので、
こういう変わり種系はもっていない人が多い。

そういう人には家で遊ぶ用のおもちゃとして、こういうものもいいだろう。

値段が1万円を超えてしまうが、こういう変わり種系としてはかなり安いもの。

音も結構いいのが入っている。

BOSS Loop Station ルーパー RC-1

おもちゃとして嬉しいものとしてルーパーがある。

ルーパーとは、一人で二人分の演奏をするためのエフェクターだ。

今まで紹介したエフェクターは、
音を変えるものであったのに対し、
こちらは簡易レコーディングするための機材だ。

これをプレゼントすれば、相手は家に閉じこもってこれで遊び、
あなたに会ってくれなくなるかもしれない。

まあそれだけ喜んでもらえるならよいかもしれない。

ちなみにアコギでも使う。

というかアコギの人の方が使う場面が多いかもしれない。

ZOOM ズーム マルチエフェクター マルチエフェクツプロセッサー G1 FOUR

こちらはマルチエフェクターというもので、
ほぼ全てのエフェクターがこれ一台に入っている。

ルーパーやリズムマシンまで入っていてチューナーもあり、
これにヘッドフォン直挿しで音のチェックもできるのだから恐ろしい。

しかもこれで7000円くらい。

ほんま他のエフェクターメーカーはたまったもんやないで。

そして「マルチエフェクターは音が悪い」というのはもはや過去の話。

今はプロも多くがマルチに移行しているし、
こういう安いマルチエフェクターも音質がめちゃくちゃよい。

ギターを始めたての人にも、結構やっている人にも嬉しい商品だろう。

クリップチューナー

チューナーは2つどころか4つほどあっても困らない。

小さくてしょっちゅう失くすからだ。

ギターケースからだして家で使うと家に忘れる、
という理由で家用と外用に分けている人もいる。

予備として2つ必ず持っている人もいる。

クリップチューナーは手ごろな値段で買えるので、プレゼントとしてよいだろう。

KORG 100時間連続駆動 ギター用 クリップチューナー AW-LT100G

チューナーの画像

チューナーはこれ、と決めている。

使い勝手がよい。最高だ。

プロも問題なく使っている。

こちらの記事も参考にしてほしい。

HAMILO ギター 手作り キット 組み立て ストラトキャスター

こちらは自分でギターを組み立てるキットだ。

ギタリスト用のプラモデル、
と思ってもらえばよいだろう。

ガンダム好きにガンプラをあげる感覚であげればよい。

理解不能かもしれないが、うれしい。

クリーニングクロスはハンカチ感覚で渡せる

Gibson/AIGG-925 Standard Polish Cloth ギブソン ギタークロス

間柄的に、あの人に渡すのはハンカチくらいが妥当かな、
という場合があるだろう。

でもハンカチじゃなんか味気ない感じがするという場合。

相手がギターをやる人なら、
ハンカチの代わりにギタークロスをあげるといいだろう。

自分がギターを弾くことを考えてくれているんだな、
と思ってくれるだろう。

実用的には、ほんとは色々いいものがあるのだが、
プレゼントするならGIBSONとかFenderのロゴが入っているものがよい。

ギター界のグッチやプラダのようなものだ。

もらう方も「おお、ギブソンじゃん!ありがとう!」
と言いやすい。

クリーニング液は石鹸感覚で渡せる

フェルナンデス WCS ナチュラルレモンオイル

誕生日プレゼント考えるのめんどくさい、石鹸ショップでなんか買うか、、、。

そんな感覚でレモンオイルをあげればいい。

楽器のメンテナンス用に使用する。

上述のクロスとセットでプレゼントするのもよいだろう。

ギターのお肌にも合う合わないがある。
あわないものを使うと、塗装に影響してしまうのだ。

「一応メーカーのページ見てから使ってね」と言い添えよう。

ギタリストマッサージを求めている

ギタリストは大抵体のどこかを痛めている。

というのもギターというものは、
ただ持っているだけでも姿勢に悪影響なものなのだ。

よくよく見てみれば、
明らかに自然とはいえない格好で演奏をしているのがわかるだろう。

腰、背中、腕、手首、肩にめっちゃ負担がかかっている。

重いギターを持ち、変な姿勢で何時間も練習しているのだ。
どこか痛めないほうがおかしいといえる。

というわけでマッサージ器具も喜ばれる可能性が高い。

「練習しすぎで体痛めないでね」
なんて言葉を添えると、好感度はグッとあがる、はず。

背中の痛み解消に関しては、こちらの記事も参考になるだろう。

ドクターエア 3Dコンディショニングボールスマート CB-04

ちょうど1万円くらいで買えるうえに、
マッサージ商品としても素晴らしい。

ギターやってる人に関わらず、結構これをプレゼントしている。
小さいし。

ドクターエア ストレッチロールS SR-002

ストレッチ器具の画像

こちらも最高。

僕の体はこいつのおかげで疲れ知らずだ。

ドクターエアシリーズはいいね。

チチロバ(TITIROBA) ゲルクッション

ギターは重い。

そして自宅では座って練習することが多いため、
お尻が痛くなる。

そんなギタリストのお尻を救ってくれるのが、
最近流行りのゲルクッションだ。

卵をお尻で踏んでも割れないらしい。

お洒落なプレゼントとは言い難いが、
ギターを弾く弾かないに関わらず喜ばれるだろう。

基本的にカバーがつくので、こんなキモい見た目ではない。

La-VIE(ラヴィ) 指圧器 ツボ押し棒 鬼の恩返し

「施されたら施し返す、恩返しです」というセリフが流行ったので、
大和田ばりに叫んで渡すと喜ばれるだろう。

ストラップのおかげで疲れた肩まわり、肩甲骨にほんと効く。

いらないもの

実はもらっても困るものも結構ある。

プレゼントにはちょっと適さないものも挙げておく。

カポタスト

カポタストは必要なものなので、ギターをやっていれば大抵持っている。

もちろん無くしてしまって次楽器屋に行ったら買おうかなと思っている人はいるが、その人のその期間にドンピシャでプレゼントするのは難しい。

G7TH PERFORMANCE 3 ART CAPO くらいのいいやつならありかもしれない。

ピック

ピックは指の延長線なので、個々にかなりこだわりがある。

そのため、気に入った特定のものしか使わない人が多い。

おそらくもらっても使わないだろう。

ただ気に入った何かが描かれたものを、観賞用として渡すのはあり。

ディズニーピックとかあるよね。あれはよいものだ。

ストラップ

ストラップも演奏に大きく影響を及ぼす。

僕はそこまでこだわりがないほうだが、
弾きにくかったり、重たいものは困る。

あと、高価なギターをぶら下げるものなので、
万が一切れてギターが落ちて破損してしまったら気まずい。
(あげた人に責任はないとは思うが)

プレゼントにはちょっと難しい。

ギターケース

大事なギターを守るため頑丈さを優先する人、
持ち運ぶ物なので軽さを重要視する人、
小物や楽譜が豊富に入る、ポケットの使い勝手を重要視する人、
と様々だ。

それにエレキギターといっても形は様々で、
大きさも違うため、プレゼントしても合わない可能性がある。

もちろんアコギとエレキでも形は大きく違う。

エフェクターなら、たとえ使わなくてもそれほど邪魔にならないが、
使わないギターケースは本当に邪魔だ。

こちらもプレゼントには難しい。

その人が普段どこのメーカーのどのゲージの太さを使っているのかまで分かるのなら、
それをプレゼントすれば喜ばれる。

だがそうでないならプレゼントするのは難しい。

指のサイズを知らずに指輪をプレゼントするのは難しいだろう。
それと同じだ。

ギターの描かれた服とかそういうの

これは個人の趣味嗜好次第だが、
僕はギターの描かれた服を着るのは恥ずかしい。
ギターをモチーフにしたアクセサリなんかも同じだ。
ピックのネックレスなんかもハズい。

だってギターを弾く人だからだ。

え、だからこそでしょ、って?

うーんそうかなあ。

なんかギターケース背負ってギターのTシャツ着てたらあれじゃない?

自分の顔が描かれたTシャツを着るのに似てるというかなんというか、、、。

まああくまで僕は、ちょっと恥ずかしい。

まとめ

ま、ギターを好きな人だからって、
絶対にギター関連の物をあげなければいけないということはない。

幅広く考えるための参考になればと思う。

気持ちがこもっていれば、なんでも喜んでくれるはずだ!

いらないと言ったが、ギターの描かれたTシャツだって僕はうれしいぞ。

着ないだけで。

それではまた〜。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事